前へ
次へ

金買取を依頼するなら純度を知っておく

オリンピック等で優勝をすると金メダルをもらえます。
それ以外に銀メダルなどがあり、一応はそれぞれの色が付けられています。
オリンピックのメダルは比較的大きいので、さすがに金メダルをすべて金で作っているわけではなく一定の金属に金メッキを施して作られています。
その他通貨として使われる通貨においてもすべて金で作られているものもあれば、その他の金属を混ぜて作られているものもあります。
すべて金で作られていれば純金や24Kなどとされます。
金買取をしてもらうときに知っておきたいこととしては、売る対象の品の金の純度がどれくらいかでしょう。
純金が24金ですが、それ以外には18金や14金等が良く知られています。
純金だと非常に柔らかいのでアクセサリーなどにするには向かないときがあり、強度を強めるために18金などを使うときもあります。
金買取を重さで行ってもらうときには重さと純度で金の含有量を調べて買取価格が決まります。
業者が別の純度を言ったとしても、自分が本当の純度を知っておけばごまかされたりしません。

Page Top